東恩納裕一:Walking the Window

YH4

2002年1月15日 ー 2月23日

キュレーター:千葉由美子 ユミコチバ•アソシエーツ

この度イセファンデーションは、今日のアートシーンにおいて新進気鋭の現代美術作家を取り扱うキュレーターを招くプログラム、PEC(プログラム フォー エマージング キュレーターズ)を開始致しました。PEC第一弾と致しまして、ユミコチバ•アソシエーツの千葉由美子氏のキュレーターにて、カナダのオタワからの巡回展である東恩納裕一の個展をご紹介致します。作家は私達の消費社会に当たり前に存在するもののモティーフを用いて、イセギャラリーを一つの居住空間に仕立てます。鑑賞者はキャンバス上に描かれたカーテンを窓越しに眺めつつ、身近な空間を体験します。窓越しの作品を眺めたり、又、窓の裏側に足を踏み入れることにより、人々は”表面に見えている”ものと”裏側に隠れている”ものの相反する印象を同時に受けます。人々はその日常において目にする物とピンク色の壁で囲まれた”見えている”空間内では心に安らぎを覚えますが、一方、現実の日々の生活内で出会うなにか薄気味悪い存在が、窓の裏側に隠れている事に気付きます。そのインスタレーションの中を巡ることにより、その空間への招待者は、彼らが日々感じ続けている与えられた満足感とその中に潜む見えない不安感を同時に抱えている精神状態にいることに気付きます。今展覧会のキュレーターである千葉由美子氏は、主に日本のギャラリーや美術館にて多くのベテラン作家や新人作家の展覧会を企画しております。

YH1 YH2 YH3 Higashionna1 Higashionna2 Higashionna3