林亨:Travel Agency Garden: A Manhattan Tour

TH4

2001年6月14日 ー 7月14日

展覧会ディレクター:清水敏男

キュレーター:富井玲子

アーティスト:林亨

林亨は、心にしみるイメージを創るコンセプチュアリスだ。

至近距離で見れば、今回の出品作品も、ただ白い虚空間に印された数本の線に過ぎない。それなのに、繊細な表現にもかかわらず、しっかりと描かれた木々には、ほんわかと優しい印象が漂うし、カンヴァスに描かれた謎めいた記号のような「名所絵」に、最初はビックリさせられるものの、やがて楽しい気分になってくる。

1963年神戸に生まれた林のアートとの出会いは二十歳のときだった。ある日、たまたまファッション・イラストレーター、長沢節のドローイングを雑誌で見掛ける。この出会いを通じて、この後1987年に林はセツモードセミナーに入学、ついには某総合研究所のシステム・アナリストとしての職からも離れることになった。1990年、絵の基本を学んだ林は離日、ニューヨークに向かう。アーティストへの道が厳しかったのは言わずもがな。自分の表現を求めて、林は様々な媒体に手を染めた。コンセプチャル系の作品が多かったが、なかなかピンとくるものがない。

そんな林が壁を突き抜けるきっかけとなったのが、1998年1月に開始したドローイング•シリーズ、(Equivocal Landscape/あいまいな風景)である。作家が語るところでは、当時「たまたま木を描いてみたかった」。コンセプチュアリストらしく、毎日木のドローイングをする、という課題を設定し、1冊140シートのスケッチブックを用意した。今では6冊に突入しているが、これらのスケッチブックをめくっていくと、1本、2本、時には何本もの木々の日々の情景らしきものが活き活きと描出されている。物思いにふける木、うろうろする木、抱き合う木、おしゃべりする木、手を差し延べる木、遊ぶ木、等など。おそらく2冊目に差し掛かった頃だろうか、作家はこのシリーズが一種の自画像になっていることに気付いた。つまり、木が2本並んで「林」という訳である。3年を越える息の長いプロジェクトへと発展しえたのも、この発見が大きかったことは否めない。

2000年3月、林は<トラベル•エージェンシー•ガーデン>を設立した。これは、コンセプチュアルな(つまり架空の)会社で、CEOたる作家の弁によれば「別形態の旅行」を提供するのが事業内容だという。同社の企画第1弾は<View to: A Manhattan Tour/眺め眺めませマンハッタン•ツアー>。自由の女神からグランドセントラル駅まで、ニューヨークの観光名所を12ケ所ほど取り揃え、顧客層は地元住民に絞っている。タイトル板がつかなければ何がなんだか分からないほどに抽象化された風景は、地元名所を知り尽くしたニューヨーカー達を、作家の心眼を借りながら見慣れた街を再体験する旅へと誘う事だろう。

評論: The New York Times, July 6, 2001, by Roberta Smith

TH1 TH2 TH3 TH5 TH6