雌鹿の歌

111

2008年3月7日 – 4月19日

アーティスト: 久保田珠美

この度イセ文化基金ニューヨークギャラリー、フロントプロジェクトスペースにおいて久保田珠美の展覧会を行います。

久保田は、日常に潜む非日常的な世界を大胆かつ繊細なタッチ、鮮やかな色彩で描く日本在住の作家。
今回のテーマであるThe song of a female deer は、本来雌鹿にはない角に、身を守ったり攻撃したりする武器と同時に弱さの象徴、強くなりたいという願望の意味を込めており、deerに自分自身を投影しています。

久保田珠美:1978年生まれ。2004年愛知県立芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。

写真: “LIFE(ライフ)”, 2008, アクリルペイント, 36″x36″

111 222 333