Spirit of Tea (スピリット・オブ・ティー)

ST1

2002年5月16日 ー 6月8日

キュレーター:山村みどり

アーティスト:開発好明

ニューヨークで活躍するキュレーター山村みどり氏を招き、展覧会”Spirit of Tea” にてコミュニケーションをアートの媒体とする2人のアーティスト、開発好明磯崎道佳を紹介します。ポーラ財団奨学金で留学をしていたアーティストの開発好明は90年代中頃から、地域社会に根ざしたコミュニケーションを作品作りの核とした制作活動を行っています。コミュニケーションを媒体とする作品作りの切っ掛けとなったのは、1995年から1996年にかけての365日間、彼がNHK衛星テレビのレギュラーを勤め、日本全国365カ所の様々な人達の家にあらかじめ発送した自身の等身大の箱形の作品を毎日訪ねてゆくという番組『365大作戦』を制作したことに起因します。彼は番組を通して従来芸術作品を見せる「場」を美術館のような近代主義が作り出した歴史的な現場から、テレビというポピュラー•カルチャーの「場」、メディアへ転換してしまいました。またこの作品にはサブヴァーシブな一面もあり、通常ある種の均質化された情報が流れがちなテレビのようなマスメディアを、ローカルなコミュニケーション形態に落とし込むことによって、開発は社会における権威的な立場や情報といったものを逆転しています。

ST2 ST3 Tea1 Tea3 Tea6 Tea5 Tea4 Tea2