Nature Within( 自然の中へ)

111

2011年6月3日 – 7月1日

キュレーター: Minny Lee(ミニー・リー)
アーティスト: ビッキー・エイミアン・アスコイティア、アレヤンダ・ウガルト・ベッドウェル、ジークリンデ・キャッセル、タラ・コロニン、クリスチャン・イロ イ、ラシェル・ガーダム、サラ・ガーナー、シェイラ・グリフィン、ベッキー・ホラデー、ダニエル・ククラ、ミニー・リー、ルーベン E レイヤス、リズ・ セールス、エリカ・シルバーステイン、ヤスミン・ソイファー、ブレンドン・ステゥワート、ヒロシ・スミヤマ、アレサンドロ・ベッチ、トム・ホワイト、ア ン・ウー


オープニングレセプション6月3日30-730PM

イセ・カルチュラルファンデーションでは、ミニー・リンのキュレートによる「Nature Within(自然の中へ)」展をフロント・スペースにて開催致します。
「自然の中へ」は10の異なる国を含め様々なバックグラウンドの20人の写真家による展覧会です。その写真のジャンルはドキュメンタリー、報道写真からコンセプチュアルなものと様々で、全てのアーティストがすでに世界のいろいろなギャラリーにおいて作品を発表しています。
世界の社会全体が非常に深刻な環境問題と危機に直面している中で、私達の自然に対する杞憂は日々高まっています。この問題に対する関心と認識は、人口の増 加に対応する社会の必要性と、大企業の利益増加の追究という相反するところにあります。「自然の中へ」は私達の自然との関係と自然の中における存在につい て再考するための試みです。この展覧会は私達を自然との経験に埋め込まれた個人個人の空間や場所に誘うのです。
この展覧会の写真の多くには人間の明白な存在がありません。しかし題材としては社会の痕跡という面を含んでいます。いくつかは見覚えのあるアメリカの道路 や近所の公園で撮影されたものですが、一方ボリビア、イスラエル、韓国といった地理的に距離の離れた場所で撮られた写真もあります。アーティストが写真を 地元で撮ったにしろ、旅先で撮ったにしろ、自然は写真の中に偏在しており、その画像は私達が自然の中でその力に応じてどう生きるかを見せているのです。

www.naturewithinexhibit.com

111 222 333 444 555