ファッション・デザイン+芸術との合成

1111

2005年6月10日 – 7月23日

キュレーター: 岩月 美江(イセ・カルチュラルファンデーション・ギャラリー)


ファッションショー: 6月10日(金)午後6時から8時まで
キュレーター&アーティストトーク7月9日(土)午後6時から8時まで
審査員b michael

ファイナリストデザイナー&アーティスト
ファッション・デザイン部門:
1位 ジョイノエル
2位 ジョエル・ジーンフォンテー
3位 グレゴリー・スコット

アクセサリーデザイン部門:
1位 林奈津子(ジュエリー)
2位 キャンダス・ブレイク(靴)
3位 ミスティー・ダウン(バッグ)

メーキャップ・アーティスト部門:
松崎貴志、 氏家美帆
ジョアナ・ペティフレール

ミュージック:
エドワード・ベネット

ビデオ:
フランクリン・エバンス

ニューヨークのソーホー地区にあります、イ セ・カルチュラル・ファンデーション・ ギャラリーでは、2005年6月10から 7月23日にかけて、展覧会『ファッション・デザイン+コンポジット・アート  ―b michael ファッション・デザインアワードー』 を開催致します。この展覧会のオープニングには、ファッション ショーが6月10日(金曜日)の午後6時から行われます。

「ファッションショーは季節の変化を伴い、そして観衆(ゲスト)とモデル(パフォーマー)の参加とコミュニケーションを 伴い、さらにはモデル選び、メーキャップ、サウンド、ステージデザイン、といった各要素の調和の美を伴います、それはまた、 日本の茶道が総合芸術とされる事にも似ています。この展覧会テーマはファッションデザインとファッションショーのそうした トータルコーディネートされた空間の総合芸術性に着目し、茶道の言語にある“一期一会”が、その総合芸術の中に於ける実践と、 ホストとゲストの出会いが、2度と同じ様には繰り返されない、ひとつの“出会い”と“チャンス”である事からヒントを得ています。 茶道に於いて、茶椀、掛け軸が季節に応じて適切に選ばれる様に、このファッションショーの開催の為、ショーを構成する各要素で あるファッションデザイン、アクセサリー、ヘア・メーキャップアーティストの3部門に於いて、コンペティションを開催しました。 6月10日(金曜日)の午後6時から、この選ばれた3部門のファイナリスト達のコラボレートによるファションショーを当ギャラリー にて開催致します。このファッションショーには、NYのファッション・デザイナーである b michael氏の協賛により、各3組の ファイナリストには彼の審査員アワードが与えられ、NYのモデルエージェンシーの協賛により、ショーモデルが出演します。ショーに プロジェクトされるフランクリン・エバンスのビデオアニメーションには、彼のドローイングのイメージが使用され、人間社会、 そして生と死の周期的な再生と衰退の繰り返しを創造する人間の意識が説話的に描写されています。この瞑想的、哲学的なビデオ アニメーション、そしてエド・ベネットによるサウンドが、空間と環境を演出します。
この展覧会テーマの“コンポジットアート”は、彼らの創造する統括美空間、そしてまたそれぞれの才能の出会いのコンペティションから、 一緒に総合美をクリエートするショーの日までの制作過程そのものを、彼らの”チャンス“を生むひとつの総合芸術の形として捉えています。

ショーモデルはNYのモデルエージェンシー、オム・モデルマネージメントより提供されます。

Image:Dress by Joynoelle, Photo by William Clark Photography

222 1111 333 444 555 666 777 888 9999