特別講演:西田宏子氏(根津美術館 顧問)

「古九谷焼は有田で焼かれていた」ー窯跡の発掘調査からの新事実ー

イセ・カルチュラルファンデーションNYは西田宏子氏(根津美術館)を東京よりお招きし、特別講演を日本クラブにて開催いたします。

iseIMG_6087

iseIMG_6083 iseIMG_6081 iseIMG_6077 iseIMG_6109 iseIMG_6107 iseIMG_6073 iseIMG_6104 iseIMG_6105 iseIMG_6101

講師:

西田 宏子 (ニシダ・ヒロコ)、根津美術館

nishida

東京生まれ。根津美術館、副館長兼学芸部長を経て、現在は同美術館顧問/アドバイザー。専門は東洋陶磁史。慶應義塾大学文学部および英国オックスフォード大学大学院 を卒業。哲学博士。東京国立博物館勤務を経て、 オランダ、英国、韓国へ留学。主著に『日本陶磁大系22 九谷』(平凡社、1990)、共著に『中国の陶磁6 天目』(平凡社、1999)などがある。

通訳:

渡邊 健 (ワタナベ・タケシ)

2005年にイェール大学にて日本古典文学の博士号を取得後、現在Wesleyan大学助教授。茶の湯、日本歴史文学 (平安時代)、日本の食文化、東アジアの文化交流など、その研究は多岐にわたる。

主催:イセ・カルチュラルファンデーション NY

場所:日本クラブ、ローズルーム(2階)、145 W 57th St, New York, NY 10019

日程:10月28日(金)

時間:午後6時30分ー8時(開場午後6時)

協力:村瀬実恵子氏、清水 善門氏(北陸銀行)

This entry was posted in 講演.

特別講演: 竹内順一氏(永青文庫館長)

「茶道具の名物になるための3条件 ー 形(なり)、比(ころ)、様子」

「 名人はここを見たー武野紹鴎・千利休・古田織部の眼」

「茶道具の見方 ーーここが分かれば、あなたも桃山時代の茶人になれる」

「名物記研究の最前線 ー清玩名物記・唐物凡数・山上宗二記ー」

イセ・カルチュラルファンデーションNYは竹内順一氏(永青文庫館長)を東京よりお招きし、特別講演を日本クラブにて開催いたします。

Rikyu1 織部茶碗1

sIMG_5851 sIMG_5853 sIMG_5862 sIMG_5854 sIMG_5856 sIMG_5867  sIMG_5865 sIMG_5859 sIMG_5860

講師:

竹内順一 (タケウチ・ジュンイチ)

Takeuchi

1941 年、神奈川県生まれ。1966年、東京芸術大学美術学部卒業(工芸史専攻)。五島美術館学芸部長、東京芸術大学大学美術館館長を経て、2007年より永青 文庫の館長。専門は茶道美術史、陶磁史、美術館学。著書に『織部』(中央公論社『日本陶磁全集』第16巻)、『美術館へ行こう(やきものと触れあう 日 本)』(共著 新潮社)などがある。東京芸術大学名誉教授。

通訳:

渡邊 健 (ワタナベ・タケシ)

2005年にイェール大学にて日本古典文学の博士号を取得後、現在コネチカット・カレッジ助教授。茶の湯、平安時代の歴史文学、日本の食文化、東アジアの文化交流など、その研究は多岐にわたる。

主催:イセ・カルチュラルファンデーション NY

場所:日本クラブ、ローズルーム(2階)、145 W 57th St, New York, NY 10019

日程:10月27日(火)

時間:午後6時30分ー8時(開場午後6時)

 

協力:Mr. Alfons-Jean Knauf、村瀬実恵子氏、小川浩史氏(北陸銀行)、大木貞子氏、柳孝一氏(Kokon, Inc.)

This entry was posted in 講演.