バブズ・ラインゴールド:最後の木

a7686e_43292571ac23b4e3db1938418daebde7.jpg_srz_975_465_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

2013年5月4日 – 6月28日

キュレーター: 由本みどり
アーティスト: Babs Reingold(バブズ・ラインゴールド)


オープニング・レセプション:5月10日(金)午後6-8時
アーティスト・トーク:5月22日(水)午後6-8時

イセ・カルチュラルファンデーションは、由本みどり(ニュー・ジャージー・シティー大学ギャラリー・ディレクター)のキュレーションによる、バブズ・ラインゴールドの個展「最後の木」を開催いたします。
「最後の木」は、金属製バケツに入れられた、193個の木の切り株を格子状に並べ、ギャラリー空間を荒涼とした風景へと転換させる、記念碑的なインスタ レーションです。切り株の数は、国連に代表される世界各国の数に相当します。格子から一本立ち上がる大きな木は、「最後の木」の象徴であり、地球上の絶滅 に瀕しています。既に破壊された切り株の群れは、「最後の木」の破壊(人類が自らもたらしつつある運命)を目撃するかのように構えています。インスタレー ションに伴うビデオ映像と音が、この状況の緊急性を増幅させます。
この作品は元々、人類学者ジャレド・ダイアモンドの著作、『文明崩壊――滅亡と存続の命運を分けるもの』(2005年)に基づく講演と、その中での彼の問 いかけ、「イースター・アイランド人が最後の木を切り倒した時、何を考えていたと想像しますか?」にインスピレーションを受けたものです。バブズ・ライン ゴールドは、我々 一人一人に、個人的、そして身体的なレベルで次の質問を検証するように促します。「一体どの時点で我々は自己破壊に気付き、行動するのか?」本作のモチー フは木々ですが、それらは人類全体を象徴しています。ラインゴールドの解釈を引用するなら、《最後の木》は究極的には、「人間が自分たちの最も重要な部分 を破壊する、ホロコースト(大虐殺)のような風景で」あり、彼女の本意は人類に捧げる、警告的なレクイエム(哀歌)でもあります。
特に注目に値するのは、ラインゴールドの木々が、非常に手の込んだプロセスを経て作られていることです。外皮は手で染めたオーガンザ布からできており、そ れに、長年様々なヘアサロンから収集した髪の毛を詰めていきます。無名の人々から集めた多様な毛には、それぞれの人の遺伝子が宿り、それらはその人々の死 後も保存されます。従って、《最後の木》に使用されている毛は、環境が破戒された後に残る人間の状態を例証するものです。近くで鑑賞すると、木の株たち は、それぞれ命を持った小さな生き物のようにも思えます。株の表面には、手縫いで詳細な装飾が施され、それらが一つ一つに独自の特徴を与えているのです。

www.ragazine.cc/2013/04/babs-reingoldartist-interview

 写真:バブズ・ラインゴールド、《最後の木》、2010-13年、ミクスト・メディア
111 222 333 444

01 13-03-31 001 02 13-03-31 002 03 13-03-28 003